【水晶玉子の新奥義】プラナカン占術

有名占い師も嫉妬【遂に完成◆水晶玉子の的中新奥義】プラナカン占術

幼いころから占いに興味を持ち、東洋、西洋の枠を超えて数多くの占術を研究した知識をもとに、独自の視点に立った解説は的中率も高く分かりやすいことから多くのファンを持つ。

1998年に「FRaU」誌上にて宿曜経にインド占星術を加味したオリジナルの「オリエンタル占星術」を発表。大反響を呼び、現在に至るまで不動の人気を築いている。「FRaU」の他にも、「MEN'S NON-NO」「SPUR」「MISS」「TVぴあ」など、多数の雑誌で連載を持ち、幅広く活躍中。熱心な読者を虜にしている。